収益物件を買取る|利益率がアップできる!

物件選びで大切なものは

グラフ

収益物件とは家賃収入によって収益を上げるために買取る不動産のことを言います。これにはアパートやマンションのような住居系のものや、オフィスビルのような事務所系のもの、さらには店舗や倉庫のようなテナント系と呼ばれるものがあります。初心者は物件も豊富で手頃な価格から購入できる住居系の物件から始める場合が多いとされます。利回りの相場は住居系では5%から6%、事務所系は6%から7%、テナント系の場合は7%から8%とされ、これらは表面利回りであり実質利回りとは違いもあります。この中では住居系が空室率が他と比較して低く、従って実質利回りはやや高めになる傾向があります。収益物件を選ぶには空室が出にくい物件を選ぶ必要があり、それには利便性が良くて管理やメンテナンスが行き届いた、そして時流に乗った設備やデザイン・仕様がなされている物件を買取るのが良いとされます。

収益物件を買取る場合は収益の上がる物件が良く、それは利回りで判断されます。表面利回りは実質ではなくそれから管理費や税金などを差し引いた後の利益の実質利回りで判断されます。そして収益には毎月の賃料収入とそれを売却する際の売却利益の両方から判断しなければなりません。収益物件で新築物件は最初は家賃収入も高く設定できますが、入居が入れ替わり立ち代りする時は、中古物件になっていて賃料を下げて行く場合もあります。中古物件の買取は10年前後のものが対象となりますが、利益率も期待でき、そのころからリフォームなどの必要な資金も出て来ますから10年前後までは一般的にはあまり利益は期待できないとされます。そして最終的には物件を手放す際の売却益で利益を得られたら良しとするというのが一般的なシナリオとなっています。

マンション相続での注意点

家

人気のマンション経営ですが、アクセスが良いなどの収益物件を確保すれば長期にわたって安定した収入が得られます。しかしオーナーが急死して遺産相続するとなると、相続税を払うためにマンションを売却することもあります。そのような時は買取業者の選び方が重要で、収益物件を専門に買い取ってくれる会社を選びます。

読んでみよう

物件を処分する方法

アパート

手持ちの物件をスピーディーに現金化したいときに役立つのが、収益物件の買取に力を入れている不動産会社です。オフィスビルや居住用物件の買取に力を入れる業者も数多くあり、査定と支払いもスピーディーな点が魅力的です。

読んでみよう

マンション売却に必要な事

男性

収益物件とは定期的に家賃収入のあるマンションのことです。しかし収益物件を購入してマンション経営を始めても、周辺環境の変化で空室が増えることがあります。また遺産相続で相続税を支払う事態になることもあります。そのような時は不動産買取会社に売却をします。入居者をフォローしてくれる不動産買取会社を選びます。

読んでみよう